ケールの青汁

青汁は現代人が不足している栄養素を簡単に摂れる健康補助食品です。青汁を飲んで健康になりましょう!

スポンサードリンク

ケールは野菜売り場でもほとんど見かけることがありませんが、青汁といえばケールというように、ケールを使った青汁が日本では一般的で最も知名度があります。

ilm16_cd01012-s.gif

ケールは、野菜の中でも突出して栄養価の高い野菜ですので、その栄養価を考えると青汁にして飲んでも、そのまま食べても価値のある野菜なのですが、日本ではあまり食卓には登場しません。しかし、欧米では普通にサラダなどにして食べられているのだそうです。

日本でケールが青汁の材料として認識されているのは、もともと青汁の材料として輸入がはじまったからだとされていますが、日本に初めて渡来したのは、江戸時代であるとされています。江戸時代には野菜として食べられていたのかもしれませんね。

ケールはアブラナ科に属しており、地中海沿岸が原産の独特の苦味がある野菜です。キャベツの原種であるという説がありますが、キャベツの栄養価と比較しても、ケールははるかに高い栄養価をほこっています。ビタミン類でいえばビタミンAは約60倍、ビタミンCは約2倍、ミネラル成分もキャベツより多く含まれています。

日本人の食事が欧米化して久しく、日本人の野菜不足が事あるごとにいわれていますね。その他、不規則な食生活や外食が多いなど、生活習慣病になってしまう要因も増え続けています。

しかし、今我々が生きているこの時代に、毎日山盛りの野菜を食べるというのはちょっと難しいというより不可能に近いことですよね。野菜を必要量毎日食べる方がよいに決まっていますが、今の食生活でも、このケールをはじめとした色んな材料を使った青汁を飲むだけで野菜不足は解消するのです。

女性が注目するうわさの青汁が八丈島明日葉「ふるさと青汁」。美容にうれしい注目成分のカルコンをたっぷり含んでいます!⇒⇒⇒「カルコン」のヒミツはコチラ!


edit

スポンサードリンク