青汁とは

青汁は現代人が不足している栄養素を簡単に摂れる健康補助食品です。青汁を飲んで健康になりましょう!

スポンサードリンク

青汁とは、主に緑黄色野菜を絞った汁のことで、ケールを使うのが最も一般的です。いくつかの種類の緑黄色野菜を混ぜて使用することもあります、面倒な加工などは必要がなく、単に野菜を絞った汁を指します。

ilm04_aa06001-s.gif

昔から青汁といわれているので、疑問に思われる方もあまりいらっしゃらないかもしれませんが、青汁の色は青ではないんですよね。本当は緑汁(グリーンジュース)なのでしょうが、名前が付いた当時には緑という言葉がなかったために青汁になったのだといわれているようです。

青汁の製品の種類には、使用される野菜の種類も様々あり、基本は絞りたてをそのまま飲むという方法が最もよいとされています。しかし、市販される製品は、絞りたてに劣らない栄養成分を含んでいます。製品の形状は、冷凍されたもの、顆粒状や粉末状に加工された製品、固形タイプなどがあります。

青汁はたくさんの豊富な栄養素が含まれている健康食品なのですが、あらゆる健康や美容によいものだとされています。よくいわれるのは、食物繊維による便秘の解消や抗酸化作用のあるビタミン類による美肌効果などです。風邪の予防、冷え性の解消、アレルギーの改善など、他にもたくさんの効果や効能があるとされています。

飲み味は、はっきりいっておいしいものではありません。薬ではありませんが、「良薬口に苦し」という言葉がぴったりの健康食品でしょう。

おいしくないものをわざわざ飲みたくないというのが人間という生き物なのでしょうが、現代人は野菜をあまり摂らなくなったということや、不規則で外食中心の食生活など、美容や健康の観点以外にも青汁を飲む意味はたくさんあります。

最初は飲みにくい青汁も、牛乳や果汁などとトッピングしたりすると意外と飲みやすくなります。慣れてくれば青汁もおいしく感じてくるはずです。

女性が注目するうわさの青汁が八丈島明日葉「ふるさと青汁」。美容にうれしい注目成分のカルコンをたっぷり含んでいます!⇒⇒⇒「カルコン」のヒミツはコチラ!


edit

スポンサードリンク