青汁が飲みづらい時には

青汁は現代人が不足している栄養素を簡単に摂れる健康補助食品です。青汁を飲んで健康になりましょう!

スポンサードリンク

「青汁は健康によさそうだけど、美味しくないからやっぱりダメ」という方や、「あのにおいはどうしてもダメ」という方がたくさんいらっしゃるでしょう。

ilm04_aa37009-s.gif

そういった方には、青汁の中でも飲みやすい部類に入るブロッコリー、セロリ、キャベツの青汁がおすすめですが、青汁を飲みやすくするために、他の食品を組み合わせて飲むという方法もあります。においが気になるという方はレモンがよいですし、子供が青汁を飲みやすくするには甘みを増すためはちみつを加えるというのもよい方法です。好みによっては醤油という選択肢もあります。

また、青汁と牛乳というとなんだか合わないような気がしますが、意外に飲みやすい味へと変身します。においも抑えることができますので、ぜひ試してみて下さい。

薄くして飲みやすくするには、水を加えるというのを基本として、緑茶やスプリングウォーター(炭酸水)という方法もあります。

ただし、栄養価の高いものとトッピングするのは最低の量にしないと栄養が多すぎるきらいがありますから、ほどほどにしましょう。

青汁はもともと健康食品なのですから、ある程度のまずさは仕方がないとしても継続は力なりです。なるべく長く飲み続けるために工夫しましょう。人間とは不思議なもので、慣れてくれば何も加えなくても青汁をそのままストレートで飲めるようになるはずです。

女性が注目するうわさの青汁が八丈島明日葉「ふるさと青汁」。美容にうれしい注目成分のカルコンをたっぷり含んでいます!⇒⇒⇒「カルコン」のヒミツはコチラ!


edit

スポンサードリンク