青汁の代表的な材料

青汁は現代人が不足している栄養素を簡単に摂れる健康補助食品です。青汁を飲んで健康になりましょう!

スポンサードリンク

以下は、青汁を作る材料として適している野菜類の代表的なものです。いずれの材料でも新鮮なものであり、無農薬であるということが大前提になります。青汁にする野菜を選ぶポイントのひとつとして、緑が濃いものということが判断材料となります。

fovec113-s.jpg

○明日葉(あしたば)
明日葉はせり科の植物です。味もにおいにもクセがありますから、青汁にしても飲みにくい部類に入りますが、栄養素は十分に含まれています。クセを我慢すれば見返りも大きい材料です。青汁以外にも健康食品の材料としてよく使用されます。

○かぶの葉
かぶは通常根の部分を食する緑黄色野菜です。味は辛味がある味ですが、特筆すべきはカルシウムを多く含んでいる野菜だということです。根の部分より青汁の材料となる葉の部分の方がカルシウムをより多く含んでいます。

○キャベツ
ビタミンCやビタミンUを豊富に含んでいるキャベツ。ところでビタミンの中でもUというのはあまり聞くことがありませんが、このビタミンUは胃腸薬の原料となるあの「キャベジン」のことです。UはUlcer(潰瘍)のUです。胃潰瘍を予防する作用があります。独特のにおいがありますが、飲みやすい青汁です。

○ケール
ケールはいろいろな意味で、青汁に最も適しているといえる野菜です。高い栄養価があることや、青汁は毎日継続して飲むべき健康食品ですので、季節を問わず収穫でき、収穫量も多いという意味でも青汁に適している緑黄色野菜なのです。

○小松菜
小松菜は、ほうれん草(ほうれん草は青汁には不向きです)より多くの鉄分を含んでいる野菜で、βカロテンやビタミンCも多く含んでいます。特筆すべきなのは、カルシウムの含有量が豊富だということです。その量はケールの次に多い野菜です。また、価格が手ごろであるというメリットもあります。

○紫蘇(しそ)
マグネシウムやカリウム、鉄などのミネラル成分やビタミンB・C・E・Kと豊富に含んでいますが、特にβカロテンの量が豊富な野菜です。また、α-リノレン酸というアレルギー症状を緩和する成分も含みます。申し分ない栄養価のしそですが、値段が高くコスト高になることが難点でしょうか?

○大根の葉
大根は通常根の部分を食しますが、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるのは、実は葉の部分です。販売時には切られていることが多く、実にもったいない話ですね。味は強い辛味がありますから、飲みづらいという場合には、はちみつやレモンを加えたりしましょう。また、緑茶や水、牛乳で薄めるというのもありです。

○水菜
小松菜と同様ほうれん草より多くの鉄分を含有、カルシウムが牛乳より多いという野菜です。ビタミンもA、C、Eを含みます。また、青汁の中でも飲みやすい味ですので、初めて青汁にチャレンジする方にはよい材料です。

○ブロッコリー
ケールと同じ地中海沿岸が原産となる野菜です。美肌によいとされているビタミンCやE、βカロテンを豊富に含んでいます。「健康ももちろんだけど、美容にもよい方が」という方にピッタリの材料です。こちらも飲みやすい青汁です。

女性が注目するうわさの青汁が八丈島明日葉「ふるさと青汁」。美容にうれしい注目成分のカルコンをたっぷり含んでいます!⇒⇒⇒「カルコン」のヒミツはコチラ!


edit

スポンサードリンク