青汁を飲む目的とは

青汁は現代人が不足している栄養素を簡単に摂れる健康補助食品です。青汁を飲んで健康になりましょう!

スポンサードリンク

青汁を飲む目的は、現代人に不足しているビタミンやミネラルなどの栄養成分を摂取する、食物繊維を摂取するということにあります。

では、青汁に豊富に含まれている栄養成分とはどういったものがあり、それぞれにどういった働きをするのでしょうか?

ilm16_cd01014-s.gif

○ビタミンA・C・E(ビタミンエースともよばれます)
最近よく話題になる活性酸素の働きを抑えるといわれています。我々の体は酸素を使い摂取した栄養分をエネルギーに変えますが、活性酸素はこの時に発生します。

活性酸素は、老化の原因になったり生活習慣病の原因になったりするといわれています。青汁には、この活性酸素を消去する働きを持つ抗酸化物質が含まれます。

○カルシウム
カルシウム=骨や歯というイメージがあるように、丈夫な骨や歯を作るのに不可欠なミネラル成分です。カルシウムを効率よく摂るためにはビタミンDやマグネシウムなどを一緒に摂取するとよいとされますが、青汁はすでにビタミンDやマグネシウムも含んでいます。

また、カルシウムが不足するとイライラの原因になるとよくいわれますが、それほど不足しているとすれば、先に骨粗鬆症になるであろうという説もあるようです。

○マグネシウム
血圧の調整やエネルギーを作る補助などの働きをします。人体ではマグネシウムの約半分は骨に含まれており、カルシウムと同様に骨を作っている成分のひとつです。ただし、摂取する量が多すぎると下痢を起こす可能性があります。

上記の他に青汁には、ビタミンB・D・Kやナイアシン、カリウムなど豊富なビタミンやミネラルを含んでいます。

女性が注目するうわさの青汁が八丈島明日葉「ふるさと青汁」。美容にうれしい注目成分のカルコンをたっぷり含んでいます!⇒⇒⇒「カルコン」のヒミツはコチラ!


edit

スポンサードリンク