青汁に副作用?

青汁は現代人が不足している栄養素を簡単に摂れる健康補助食品です。青汁を飲んで健康になりましょう!

スポンサードリンク

青汁には副作用があるのでしょうか?青汁は健康食品ですので、基本的には薬のように副作用はありません。しかし、いくつか注意しておくべき点があります。

cdur005-s.gif

青汁を飲んで下痢や便秘になってしまうケースがあります。下痢をしてしまうという場合は、青汁を飲んだ量が問題(多すぎ)になるようです。青汁はたくさんの量を飲むとそれだけ体によいというわけではありません。1回に飲む量ではなく、本当に効果的なのは長期間に渡って飲み続けることです。

薬品のようにこれだけという指針がないとはいえ、何事も過ぎたるは及ばざるが如しといいます。1日でいただく青汁の適量は、コップ半分から2杯ですので、その間の量を飲むようにしましょう。

本来、青汁を飲むと食物繊維をたくさん摂りいれることになるわけですから、便秘は解消するのですが、便秘になってしまう場合もあります。これは青汁により消化がよくなった結果だといわれています。

便秘になってしまう場合には、1日に2杯まで青汁を飲む量を増やしてみましょう。また、市販の青汁ではなく、家庭で青汁を作っているという場合には、しぼりかすも同時に摂るようにすると、より多くの繊維質を摂りいれる結果となりますから、よりよい結果が期待できます。また、青汁だけではなく、野菜もたくさん食べるようにした方がよいことはいうまでもありませんね。

女性が注目するうわさの青汁が八丈島明日葉「ふるさと青汁」。美容にうれしい注目成分のカルコンをたっぷり含んでいます!⇒⇒⇒「カルコン」のヒミツはコチラ!


edit

スポンサードリンク