青汁の作り方

青汁は現代人が不足している栄養素を簡単に摂れる健康補助食品です。青汁を飲んで健康になりましょう!

スポンサードリンク

青汁を冷凍したものや粉末状にしたものなど、様々な青汁が販売されていますが、一度は野菜から青汁を作ってみるのもよいと思います。青汁の作り方は至ってシンプルです。簡単に書くと、葉をすりつぶすそして汁をしぼるというだけ。

とはいっても、すりつぶす方法などもいくつかありますので、それぞれの方法を書いてみたいと思います。

まず、材料は新鮮で無農薬の緑黄色野菜を使用することが前提になります。入手した材料は、はじめにすりつぶす必要があります。以下の3つの方法です。

fod1188-s.jpg

○すり鉢を使う
他の方法より手間がかかる方法ですが、このすり鉢を使ってすりつぶす方法が、一番よい青汁の味と質になる方法です。

○ミキサーを使う
ミキサーの回りをよくするために水を加える必要がありますが、あまり多くの水を加えるとせっかくの青汁が薄くなってしまいます。ミキサーの回りが悪ければ時間がかかりすぎてビタミンを壊してしまいますので、2分以内に完了するようにしましょう。水の適量は野菜の種類で変わりますから、何度か経験して最低限の量を確かめましょう。

○ジューサーを使う
ジューサーを使うのが一番簡単で手間もかかりません。ジューサーを使うと、青汁とかすに分かれますので、残ったかすは料理に使うことも可能です。また、青汁の味はマイルドに仕上がります。

すり鉢とミキサーの場合には、もうひとつしぼるという作業が必要です。しぼり器があれば使ってもよいですし、ガーゼなどの布を使ってこします。

もちろん、こさずにそのまま食してもよいです。そのままの方が食物繊維をより多く摂ることができます。とはいえ、青汁をしぼった方が飲みやすいですので、それぞれの好みの方法でよいと思います。

女性が注目するうわさの青汁が八丈島明日葉「ふるさと青汁」。美容にうれしい注目成分のカルコンをたっぷり含んでいます!⇒⇒⇒「カルコン」のヒミツはコチラ!


edit

スポンサードリンク