自分で青汁の材料を栽培する

青汁は現代人が不足している栄養素を簡単に摂れる健康補助食品です。青汁を飲んで健康になりましょう!

スポンサードリンク

野菜を栽培する場所や時間が許すのであれば、自分で青汁の材料を栽培するとよいでしょう。自分が青汁にして飲みたい野菜を作れますし、自分でコントロールすれば、一年をとおして野菜が安定して入手できます。

ilm14_bg01008-s.gif

それから、ここが一番のポイントとなります。青汁を作るには、たくさんの生の野菜を使って行います。ですので、無農薬で無化学肥料で栽培された野菜が必要です。自分で栽培すれば、自分で栽培する手間はかかるとしても、野菜売り場では割高な有機無農薬野菜を安価に手に入れることが可能になります。また、自分で野菜を収穫するのですから、新鮮な野菜という意味では、市販されているものとは比較になりませんね。

ただ、青汁に使う野菜を栽培する土地は限定されます。過去3年程度は農薬や化学肥料を使っていない土地を使用しなければなりませんし、日当たりもよく水はけもよい土地でなくてはなりません。それに、有機無農薬野菜を栽培するのですから、毎日の害虫駆除などの手間も必要になります。

最後に、青汁のために栽培する野菜の種類選びですが、最も適しているのは、やはりケールなのです。ケールは一年をとおして収穫できますし、含まれている栄養成分も野菜のなかでも群を抜いています。周年栽培できる野菜は、ケールの他には春菊、パセリ、あぶらななどがあります。

女性が注目するうわさの青汁が八丈島明日葉「ふるさと青汁」。美容にうれしい注目成分のカルコンをたっぷり含んでいます!⇒⇒⇒「カルコン」のヒミツはコチラ!


edit

スポンサードリンク